Hatena::Grouppubliccomment

地域ケア体制整備構想

地域ケア体制整備構想

 地域ケア体制整備構想とは、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるための基盤整備のための考え方及びその確保のための方策を示そうとするもの。療養病床の再編成を踏まえ、それぞれ法律に基づいて策定が義務づけられている「医療費適正化計画」「保健医療計画」「高齢者保健福祉計画(介護保険事業支援計画)」について統一的、横断的な対応を図るために各都道府県が平成19年に策定する。

 地域ケア体制整備構想は、上記関連計画との整合性に配慮して策定することとされており、以下の4点が盛り込まれる。

  1. 地域ケア体制の在り方及び療養病床の再編成に関する基本的事項
  2. 地域における高齢者の介護及び見守り等についての中長期的な将来見通し(平成47年に向けた10年ごとの見通し)
  3. 地域における高齢者の介護サービス及び住まい等の量の見込みについての短期的な見通し(平成23年度までの各年度の介護サービス等の必要量の見込み)
  4. 平成23年度までの療養病床の転換の推進に関する事項